15万円以下のところも!結婚指輪の相場って?

結婚指輪の平均的な値段はどのくらい?

二人の結婚が決まったあと、必要になってくるのが結婚指輪。婚約指輪は30万円前後が相場といわれていますが、結婚指輪の相場がどのくらいかはご存知でしょうか?結婚指輪は、だいたい2人分で20万円前後が平均といわれています。しかしこれはあくまでも平均の数字なので、実際にはバラつきがあります。とくに20代前半で結婚するという方は、経済的に余裕が少ないこともあって2人分で15万円以下の場合もあるようです。結婚指輪の値段はリングの素材や宝石、ブランドや全体的なデザインによって変わりますが、20万円前後を目安に準備しておくといいですね。

リングに使う金属素材で値段が大きく変わる

結婚指輪の相場はリングに使う素材が大きく影響します。定番のプラチナは値段が高めです。プラチナは希少価値の高い金属のため、値段も高くなります。しかしたった一つの愛を象徴する結婚指輪にはピッタリということで人気が高いです。また、パラジウムやチタン素材は、プラチナよいも安価な相場になります。パラジウムとチタンは金属アレルギーが起こりにくい金属なので、アレルギーが心配な方に人気のある素材です。このように使用する金属素材によって相場が違うので、どの素材を使うのか確認しておきましょう。

値段に大きな影響を与える宝石

結婚指輪の相場には素材だけでなく、リングにのせる宝石も影響があります。シンプルに宝石をのせないデザインであれば値段は低くなりますが、宝石をのせるとなるとその分値段が高くなるのが一般的です。のせるにしても一粒だけなら平均的な相場になりますが、リングの全面に宝石をあしらうとなると、かなり高額になるでしょう。定番の宝石はダイヤモンドで、硬度のあるダイヤモンドから永遠の愛を象徴しています。ダイヤモンドといえば高価なイメージですが、そのダイヤモンドのなかにも価値のランクがあります。同じ重さ、カット方法でも無色透明で内包物が少ないものが価値が高いです。宝石の種類やその宝石一粒ずつのグレードによって値段も変わるので、そのへんもよく確認しておきましょう。

結婚指輪は色々なデザインがあり、価格もそれぞれ異なります。結婚式を終えた後、新しい生活が始まってからも日常的に身につける指輪なので、結婚指輪の人気デザインはシンプルなデザインなものが多いです。